短足と眼鏡のゲーム雑記

その時ハマっているゲームのことを中心に短足と眼鏡が気ままに攻略してみたりどうでもいいことを言ったりします

[スプラトゥーン2] 2から始める初心者のための講座 第一回 操作に慣れよう ハード慣れ

time 2017/08/01

※この記事はタイトルの通り初心者向けのものとなっております

 

こんにちは。ほっかいどうです。

第一回は「操作に慣れよう」、ということで操作に慣れていきましょう!!!

当然ゲーム内のチュートリアルで教わることをもう一度説明、みたいなことではないですよ?ハード慣れの重要性や練習法、ジャイロについてなどを説明していきます。

 

ハード慣れしよう

ハード慣れ、つまりニンテンドースイッチとスプラトゥーン2の操作を手に馴染ませろってことです。めっちゃざっくりしてますけど「慣れる」ということはとっても大事なことなんです。初心者はスプラトゥーン特有の操作感にまず慣れましょう。「練習法はとにかく触る」これしかないです!

練習にうってつけなのは「ヒーローモード」です。ナワバリバトルをちょこちょこっとやったら是非ヒーローモードをやってください。このモードがなぜ練習に良いかというと、「オフラインであること」「チュートリアル的な要素があること」「色んな種類のブキに触れられること」が理由として挙げられます。

まあ要するにチュートリアルの延長にあるものとして機能しているってことです。色んなギミックがありますしステージ数もそれなりにあって、なおかつ進めば進むほど操作の難易度は上がっていきますから、初心者が操作に慣れるのには持って来いなんですね。それにまだ実装されていないパラシェルター系のブキも含めて全てのカテゴリーのブキを使うことができるのも大きな利点です。だいたいそれが支給されるステージはそのブキの特徴を活かせるような作りになってますからブキごとの性質を掴むのにもちょうどいいです。

ということでまず、ヒーローモードのクリア!これを目標に頑張ってみましょう!

 

カメラ、視点について

このゲームには「ジャイロ操作」という操作法があります。コントローラーを動かすことで視点が動くというものです。初心者の方はチュートリアルでも感じたと思いますが、これが慣れるまでは本当に難しい。早々に諦めてジャイロをオフにしてしまう方も居るかと思います。しかし上達にはジャイロは不可欠です!ゲームの仕様上スティック操作だけのエイムでは限界があります。ジャイロはオンにしてプレイしましょう。そのうち慣れます(笑)

ハード慣れという観点では先に書いたことと同じなのですが、ここではオススメのカメラ感度や視点の意識について解説します。
まずカメラ感度の設定について

カスタマイズから設定画面を開くとカメラ感度の調整ができます。「ジャイロ感度」と「スティック感度」の2つを設定できます。

結論から言いますと「ジャイロは低めに」「スティックは高く」設定するのがオススメです!具体的にはジャイロは-1〜1.5ほどでスティックは3.5以上です。当然好みや使うブキに合わせて変えても構いませんが、この設定だと大きな動きは速く、細かい動きは安定して」動かせるようになります。ちなみに筆者はジャイロ1でスティックは4に設定しています。

次に視点の意識ですが、初心者が陥りやすい状態として、「上、あるいは下に向きすぎてしまう」というものがあります。上下左右に振り回した方がインクが拡がって良さそうに感じるかもしれませんが、最も効率的かつ実戦でも活かせるのは地面と平行」です。それがホームポジションになるよう心がけてください。コントローラーを持った手を膝の上に置くとブレが少なくなるのでオススメですよ。固定しすぎると今度は動かせなくなるのでそれくらいが丁度良いと思います。

視点が安定してくると、思った通りにインクを扱うことができるようになってくるので常に意識して練習していきましょう!

 

 

初心者講座ということでキホンのキくらいの話でしたがいかがだったでしょうか?

細かいテクニックなどは考えず、ヒーローモードで基礎的な動かし方を反復練習して、まずはこのゲームに慣れていきましょう!

次回はブキについてです。

 

次回→第二回 ナワバリバトルでブキに触れよう

sponsored link

コメント

[スプラトゥーン2] 2から始める初心者のための講座 目次 | 短足と眼鏡のゲーム雑記 にコメントする コメントをキャンセル






sponsored link